和歌山商工会議所 文字の大きさ 小サイズ 中サイズ 大サイズ
クリックで文字の大きさが変更できます。
ユニバーサルデザインへの取組みユニバーサルデザインへの取組み
会員になりませんか?   会館利用案内   個人情報保護方針   リンク集   サイトマップ

会議所の概要

商工会議所とは

平成29年度事業計画

商工会議所の歴史

組織図

役員・議員名簿

女性会

青年部

和歌山市の概要
経営サポート

経営相談

無担保・無保証融資制度
(マルケイ融資制度)

その他の融資制度

各種共済制度

IT情報化支援

専門家派遣制度

その他・各種事業活動

和歌山県中小企業再生
支援協議会

ジョブ・カードセンター
検定試験

日本商工会議所 検定試験

簿記 合格発表

リテールマーケティング(販売士) 合格発表

そろばん

東京商工会議所 検定試験

カラーコーディネーター

ビジネス実務法務

福祉環境コーディネーター

eco(環境社会)

ビジネスマネジャー
講座・セミナー

講座・セミナー開催情報
観光・物産

観光・物産情報

イベント情報

センチメンタル・和歌山
産 業 観 光



■平成29年分所得税 確定申告無料相談会のお知らせ
個人事業者(事業所得)の方を対象に専門の税理士が申告の指導を行います。
尚、確定申告書提出の際、マイナンバーカード(写しの場合両面コピー)
又は通知カードと本人確認書(運転免許証等)が必要になります。

期 間: 平成30年2月26日(月)〜3月2日(金)
時 間: 9時30分〜16時(※12時〜13時を除く)
場 所: 和歌山商工会議所4階 会議室

※平成29年分個人事業者の所得税申告・納付期限は、3月15日(木)となっています。
当所では、税務相談・確定申告等随時相談をお受けしております。是非ご利用下さい。

お問い合わせ:和歌山商工会議所 経営相談・広報課 TEL:073−422−1111

■【税務署からのお知らせ】
平成29年分の確定申告書の受付期間・納付期限について
● 平成29年分の確定申告書の受付期間・納付期限について
・ 所得税及び復興特別所得税の確定申告書の受付・納付
⇒ 平成30年2月16日(金)から同年3月15日(木)まで
※ 還付申告については平成30年2月15日(木)以前でも提出できます。
・ 個人事業者の消費税及び地方消費税の確定申告書の受付・納付
⇒ 平成30年4月2日(月)まで   
・ 贈与税の申告書の受付・納付
⇒ 平成30年2月1日(木)から同年3月15日(木)まで

● 確定申告書は自分で作成してお早めに! ⇒ 国税庁ホームページhttp://www.nta.go.jp
・ 国税庁ホームページの「確定申告書等作成コーナー」を使えば、
画面の案内に従って金額等を入力することにより、申告書や
決算書等を作成することができます。
作成した申告書等は、「郵送」で提出することが可能です。
また、マイナンバーカードをお持ちの方は「e-Tax」でデータでの送信も可能です。

・ 税務署の申告書作成会場の相談受付は16時までです。
(混雑状況により、早めに終了する場合があります)
※ 申告書作成会場は大変混雑します。なるべく公共交通機関をご利用ください。

● 医療費控除の提出書類が簡略化されます!
・ 「医療費控除の明細書」を添付する代わりに、医療費の領収証は提出不要となります。
※ 医療費の領収書は自宅で5年間保存が必要です。

● 確定申告書にはマイナンバーの記載が必要です!
・ 平成28年分以降の申告書等には「マイナンバーの記載」と
「本人確認書類の提示又は写しの添付」が必要です。ご注意ください。

● 納税は「安全・便利・確実」な口座振替をご利用ください!
・ 申告書の提出後に、納付書の送付や納税通知等による納税のお知らせはありません。
・ 納付には、安全・便利・確実な口座振替をこの機会に是非ご利用ください。
なお、振替日は、確定申告による所得税及び復興特別所得税が平成30年4月20日(金)
個人の消費税及び地方消費税が4月25日(水)です。
・ご利用にあたっては、「預貯金口座振替依頼書兼納付書送付依頼書」に
住所・氏名・金融機関名等をご記入いただき、金融機関届出印を押印の上、
金融機関又は税務署に提出してください。

■片山会頭年頭所感について

           年 頭 所 感

                 「魅力あふれる地域づくり」をめざして
                                      和 歌 山 商 工 会 議 所
                                         会 頭 片 山 博 臣

新年 明けましておめでとうございます。
皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

さて、昨年のわが国経済は、中国の市場動向やアメリカの政策等の不確実性などが注視
される中、アベノミクス効果による好調な企業収益が投資の増加や賃上げ・雇用環境の
改善に繋がり、総じては緩やかな回復基調で推移して参りました。
また、地域経済においても、取引先好調に起因する増収や、海外景気の回復等により、
製造業を中心に全体で改善傾向にあるものの、一方で、原材料価格の高騰や、
人材不足による受注機会の損失などの影響が懸念されております。

こうした状況の中、経済の好循環を確実なものとし地方創生に繋げていくためには、
地元産業の担い手である中小・小規模企業の活力強化と成長戦略
の実行が大変重要であります。

和歌山商工会議所では、地域中小企業の飛躍に繋がる販路開拓や新規創業支援、
並びに円滑な事業承継の促進など、企業に伴走した支援の強化・充実を図り、
域内企業の経営を全力でサポートして参ります。
中でも、当所が従来から実施している金融支援、決算・税務相談、消費税転嫁対策
などの業務に加え、国の認定を受けた「経営発達支援計画」の取り組みが3年目を迎え、
商談会・展示会への出展や魅力ある個店の創出事業を通して、新たな需要開拓に向けた
成長支援はもとより、個別の事業所のみならず、各商店街等地域一帯の活性化と賑わい
の創出に向け、各種事業を更に強化して参りたいと考えております。

地域活性化については、故郷を愛する心を育む『ふるさと愛運動』として、
和歌山市歌(しか)・県民歌の斉唱の呼びかけをはじめ、地産地消や地元産品の活用を
促進するとともに、昨年設立した「仕出し弁当受注連携協議会」において創作した、
地元特産品や収穫物の妙味を堪能できる「おもてなし弁当“御三家 紀州弁当”」で、
来和される方々をお迎えするなど、和歌山の魅力発信活動を積極的に展開して参ります。
本年三月には、「地域産業振興連携協定」を締結している和歌山市・和歌山大学に対し、
当商工会議所が誘致を要請しておりました、自律型ロボットの競技として国内最高峰に
位置付けられている「ロボカップジュニア・ジャパンオープン」の開催が実現いたします。
プログラミング教育の小学校必修化を目前に控える今、次代を担う子供たちが
主役の本大会が、地元和歌山で継続開催されることは大変意義深いことであり、
「優秀なものづくり人材」と「新たなものづくり産業」の創出に繋がっていくものと、
大いに期待するところであります。

また、地域に根差したイベントとして毎年好評を得ております「わかやま商工まつり」が
本年で七十回を迎えます。来場される方々に『元気なわかやま』を一層体感して頂ける
ような趣向を凝らし、節目の開催に相応しい催しを挙行して参ります。

本年も和歌山商工会議所は、地域の総合経済団体としての機能を最大限に発揮して、
地域社会の発展に寄与していくべく、事業活動の積極的展開に努め、会員事業所の皆様方
の役に立ち、より開かれた商工会議所となるよう、役職員一同 全力で取り組んで参ります
ので、引き続きご理解、ご協力をお願い申し上げ、新年のご挨拶といたします。

平成30年1月1日

■食祭WAKAYAMA2017において、和歌山市の“おもてなし弁当”が『御三家 紀州弁当』に決まりました。
本年11月23日に『食祭WAKAYAMA2017』(主催:和歌山市)のサブイベントとして、
「おもてなし弁当グランプリ」を開催しました。これは、今後 和歌山市において開催が
予定されている全国健康福祉祭(ねんりんピック)や、関西ワールドマスターズゲームズ、
国民文化祭など、県外から来られる参加者に対して、和歌山市が誇る文化や歴史、景観、
地元食材をPRするため、仕出し弁当のメニュー、それを包む包装紙、ネーミングを統一した
“おもてなし弁当”を決定し、12月21日には尾花和歌山市長からも記者発表頂きました。

詳しくは、こちらをご覧ください。

また、各種大会時だけではなく予約販売等も下記の通り行いますので、是非皆様
ご活用ください。
 
予約販売:潟tーズファイル 平成30年1月〜 ※10個から予約販売
      渇ヘ北食品 平成30年4月〜 ※10個から予約販売
 
店頭販売(予定):釜a歌山水了軒 平成30年4月〜(JR和歌山駅ミオ1階)

<お問い合わせ、予約注文連絡先>
和歌山商工会議所 経営支援課 大河内
TEL 073-422-1111、FAX 073-433-0543

■平成29年台風21号に係る災害に関する特別経営相談窓口開設しました

平成29年台風21号に係る災害に関する特別経営相談窓口開設

先般発生した台風21号による大雨が市内各地に被害をもたらしました。
被害にあわれた皆さまに対し、心よりお見舞い申し上げます。
和歌山商工会議所では、今回の台風により施設・設備等に被害を受けられた
中小企業者の経営相談に対応するため相談窓口を開設しておりますので、
ご案内申し上げます。
何かお困りのことがございましたら、和歌山商工会議所までご相談ください。

<本件お問合せ先>
和歌山商工会議所 中小企業相談所 電話 073-422-1111まで

また、被害を受けた中小企業の皆さまの事業再建や資金繰りを支援するため、
「和歌山県融資制度が拡充」されましたので、下記のとおり、ご案内をさせていただきます。

台風21号で被災された中小企業者への支援について
(1)県融資制度の拡充 〜より有利な資金が利用可能になりました〜
平成29年10月の台風21号によって、被害を受けた中小企業の皆さまの事業再建や
資金繰りを支援するため、県融資制度を拡充しました。

◆新宮市で被災された中小企業の皆さま
 災害救助法適用により、一般保証とは別枠の限度額で融資額の100%を保証する
セーフティネット保証4号が適用されることになりました。
これに伴い、対象地域の事業者は「経営支援資金・セーフティ枠」がご利用いただけます。
【融資条件等】  融資利率 年1.2%以内 保証料年0.6%
           融資限度額 設備・運転 5000万円以内(別枠保証)
【取扱期間】   平成30年2月1日まで *告示日により変更可能性有り

◆県内で被災された中小事業者    
 県融資制度の「経営支援資金・一般枠」の対象に、災害で被害を受けられた中小企業者を追加することにより、事業再建や資金繰りを支援します。
【追加要件】  自然災害により被災し、市町村長の罹災証明を受けた方
【融資条件等】 融資利率 年1.4%以内 保証料年0.45〜1.30%
          融資限度額 設備・運転 5000万円以内

*詳しくは、県商工振興課ホームページをご覧ください。
http://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/060300/taifu21gou/shikinshien.html

(2)日本政策金融公庫、商工中金での災害復旧貸付の実施
   今般の災害により被害を受けた中小企業等を対象に、日本政策金融公庫及び
   商工中金が別枠の限度額で融資を行う災害貸付を実施します。

(3)その他特別相談窓口について
   県内の日本政策金融公庫、商工中金、信用保証協会、県内商工会議所、
   商工会連合会、中央会、よろず支援拠点(わかやま産業振興財団)等でも
   特別相談窓口を設置しています。

関連サイト(中小企業庁ホームページ)
http://www.chusho.meti.go.jp/keiei/antei/2017/171027saigai.htm

≪お問い合わせ先≫
和歌山県商工振興課 担当:川端、杉本 
TEL:073−441−2744  FAX:073−422−1529

■「平成29年度 和歌山市ビジネスチャンス創出支援補助金創設のご案内」

「見本市・展示会への出品」「自社製品の開発・改良」「新製品の宣伝」などの費用の
一部が補助されます。


和歌山市では、市内の中小企業者のビジネスチャンス創出を支援することを目的に
見本市・展示会への自社製品の出品、自社製品の開発・改良、自社新製品PR用
パンフレット等の作成を行う場合に必要とする経費の一部を補助する
「和歌山市ビジネスチャンス創出支援補助金」を創設しました。
和歌山商工会議所がお手伝いいたしますので、ぜひ申請されますようご案内いたします。
≪お問合わせ先≫
和歌山商工会議所 経営支援課 TEL:073-422-1111
補助金の詳しい内容は、 こちら をご覧ください。

――――――――――――――――――――――――――――――――――
和歌山商工会議所の支援メニューもぜひ活用ください。
1.県外での商談会・見本市等に出展する時は「商談会等出展補助金制度」
2.商品の改良・販売促進等のご相談は「エキスパートバンク事業」
――――――――――――――――――――――――――――――――――

■刑務所出所者,少年院出院者の雇用をお考えの皆様へ コレワーク西日本が応援します!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
        刑務所出所者,少年院出院者の雇用をお考えの皆様へ
        コレワーク西日本が応援します!
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
コレワーク西日本は,刑務所出所者等の就労支援を推進し,再犯防止を実現することを
目的に,平成28年4月に法務省が全国2か所(東京,大阪)に新設した機関で,
以下のサービスを通じて事業主様を支援いたします。

@雇用情報提供サービス
  コレワークが管理しているデータベース(全国の受刑者等の職歴,資格,帰住予定地等
  の情報)を使って,事業主様の雇用条件に沿う者を検索し,条件に適合する者が収容
  されている矯正施設を御案内します。
 (求人の際には,ハローワークを御利用の上,「受刑者等専用求人」を御活用ください。)

A採用手続支援サービス
 採用面接の日程調整,履歴書等必要書類のやり取りについて,矯正施設と事業主様の
 仲介をし,事業主様をサポートします。

B相談窓口サービス
 刑務所等の職業訓練見学会や矯正展の御案内をしたり,その他受刑者雇用に関する
 御相談についても随時受け付けております。

 御関心のある方は,遠慮なく電話・メール等でお問い合わせください。

●お問い合わせ先
 法務省大阪矯正管区 コレワーク西日本
 大阪市中央区大手前4-1-67 大阪合同庁舎第2号館本館4階
 (TEL)06-6941-5780
 (FAX)06-6910-2428
 (メールアドレス)recruit-inmates-osaka@cccs.moj.go.jp
 (ホームページ)http://www.moj.go.jp/kyousei1/kyousei08_00070.html

■会員事業所間ビジネスマッチング事業 始動致します!


「この会社に自社の商品を扱ってもらいたい!」
「あの会社と連携して新しい技術やサービスを作りたい!」
「でも、その会社との面識や知り合うルートがないので、なんとかして欲しい!」という要望に
和歌山商工会議所はお応えし、『会員事業所間 ビジネスマッチング事業』を始動します!!

◆ビジネスマッチング事業とは・・・
和歌山商工会議所のネットワークを通じて、当所会員事業所が有する商品・技術・システム・
サービス等について、自社が希望する特定の相手方(当所会員事業所に限る)との
マッチングを支援することにより、会員事業所のビジネスチャンスの創出を図り、
地域の発展に繋げる事業です。

◆マッチングまでの流れ
 @当所HPに掲載の「ビジネスマッチング事業 申込書」により、事務局宛に申し込む。
 A事務局にて、マッチング希望先事業所に連絡・調整を行う。
 Bマッチング

◆注意事項
 @本事業は、商工会議所の会員事業所間のマッチングの支援を行うもので、
  機会を保障したり責任を負うものではありません。
 A公序良俗に反する商品等である場合やその他、事務局において精査の上、
   申込みをお断りする場合があります。

◆申込書はこちらから印刷してください。
◆お問合せ 経営支援課
 TEL073−422−1111 FAX073−433−0543

■平成29年度検定試験日程・制度変更点を掲載しました。

年間80万人が受験する商工会議所の検定試験は、全国の会員企業の人材ニーズに基づ
き、企業現場で求められる実践的な能力を育成し、評価・認定することを目的に実施しており、 企業や教育機関から高い評価と信頼を得ています。
商工会議所の検定試験を皆様のスキルアップにご活用ください。
平成29年度検定試験の詳細は、本ホームページ「検定試験」の各検定名を
クリックして下さい。
平成29年度から、簿記・珠算能力検定試験につきましては、以下のとおり制度改定が行われております。

【簿記検定試験】  
@「簿記検定試験出題区分表(平成29年度適用)」の改定について
詳細は、こちらのURLをご覧ください。

簿記検定試験出題区分表(平成29年度適用)の詳細はこちら  

A「簿記検定試験初級」の誕生について
施行日、回数はネット試験会場が決定致します。
詳細は、こちらのURLをご覧ください。

簿記検定試験初級の詳細はこちら  

B受験料について
「受験料の値上がりについて」
受験料が、下記のとおり値上がりしています。

3級:2,800円

【珠算能力検定試験】  
「受験料の値上がりについて」  
 受験料が、下記のとおり値上がりしています。
 
1級:2,300円  
2級:1,700円  
3級:1,500円
 
お問い合わせ先
和歌山商工会議所 会員サービス課まで
【TEL】073−422−1111              

■会員事業所の皆様へ「商談会等出展補助金 受付開始〜県外(海外含む)への積極的な販路開拓を支援します〜」

和歌山商工会議所では、会員事業所の皆様がビジネスチャンスの拡大を図るため、販路拡大や市場開拓を目的として実施される商談会・見本市等(即売を主とした催事は対象外)に出展する場合、その出展に係る経費の一部を補助します!
(※但し、当商工会議所における予算額を執行した時点で終了致します。)

特徴1
必要経費の2分の1以内で最高5万円まで補助

特徴2
他の補助金制度との併用可能
※併用の場合は、必要経費から他の補助金額を差し引いた額の2分の1以内となります。

<注意事項>
・本補助金交付を希望される方は、商談会等が開催される30日前までに所定の用紙により申請して下さい。
・交付を受ける為には、別に定める交付要綱を遵守することが原則となります。
・同一事業所への補助金の交付は一年度中1回限り。また2年連続は認められません。(平成28年度当該補助金を利用した事業所は対象外となります。)

お問い合わせは、企業支援部 経営支援課まで。
【TEL】073−422−1111            

  
■仕出し弁当受注連携協議会を設立しました!!
“各種大会・会議等に係る仕出し弁当は 是非、当協議会にお任せください”

平成29年2月28日(火)、和歌山商工会議所会員であり、かつ仕出し弁当の受注を営業目的として行う事業所で構成する『仕出し弁当受注連携協議会』を設立しました。
当協議会は、和歌山市内で開催される大会、会議等で配られる仕出し弁当を受注することを目的として設立し、会長に渇ヘ北食品 専務取締役 田中 秀和 氏が、副会長に釜a歌山水了軒 代表取締役 八木 一朗 氏、潟Iークワ 食品製造部長 尾本 一 氏、和歌山商工会議所 野田専務理事がそれぞれ選任されました。
当協議会に発注頂きました仕出し弁当を通じて、各種大会等で来和された皆様や地元の参加者に対して、地元産品・収穫物でおもてなし、地元産品の販売促進に繋げていきたいと考えております。
是非、大小にかかわらず各種大会・会議等で使用する仕出し弁当は当協議会へ発注頂きますようよろしくお願い申し上げます。
また、当所会員で仕出し弁当の受注を事業として営まれている事業者様は下記までご連絡頂き、当協議会へご参画頂けると幸いです。


仕出し弁当受注連携協議会設立趣意書はこちらからご覧いただけます【PDF形式】

和歌山商工会議所 経営支援課まで
【TEL】073−422−1111             

■地元産品「生姜丸しぼり わかやまジンジャーエール」を使った『カクテル』を開発しました。是非、ご活用ください!!

当所では地域経済の活性化を図るべく和歌山県民歌・和歌山市市歌の普及や地元商品の販売促進など「ふるさとを愛する心を育む取り組み(ふるさと愛運動)」を積極的に展開しております。
その中の地元産品の販売促進への取り組みの一つとして、新生姜は和歌山市が全国生産量第2位であることから、 平成22年に農商工連携事業により当所とJAわかやまが共同開発した清涼飲料「生姜丸しぼり Wakayama Ginger Ale」を用い、 当所青年部メンバーで、カクテルのエキパートであるサウスウェストカフェ 小山よしお氏がカクテルを開発、名称は当所青年部が付けました。 (カクテル名称 アルコール系:わかやまジンジャーフィズ、ノンアルコール系:わかやまジンジャークーラー)
つきましては、カクテルのレシピを紹介しますので、お店のメニューの一つとして加えて頂ければ幸いです。また、ご家族でもお試し頂ければと考えています。


詳細はこちらからご覧いただけます【PDF形式】

和歌山商工会議所 経営支援課まで
【TEL】073−422−1111

■和歌山商工会議所『経営発達支援計画』が経済産業大臣の認定を受けました

商工会議所・商工会では、従来から実施している金融支援や決算・税務相談など  『経営の改善』を目的とする業務に加え、小規模事業者の『経営の発達』に向けた経営状況の分析や計画策定、市場調査、商談会の開催等を主とする「経営発達支援計画」を策定し、経済産業大臣の認定を受ける事が定められました。
当所では、和歌山市や和歌山大学と連携した外国人観光客の需要動向調査や新商品開発などに積極的に取り組むなど、管内の小規模・零細事業者の良き「伴走者」として実施する『経営発達支援計画』」を策定し、経済産業大臣の認定を受けました。

中小企業庁ホームページは、こちらをクリックしてご覧ください。

『計画』事業詳細は下記をご覧ください。
「計画概要」は、こちらからご覧いただけます【PDF形式】
「事業詳細」は、こちらからご覧いただけます【PDF形式】

▲ ページトップへ

会議所概要入会案内経営相談検定試験講座・セミナー観光・物産調査・資料集サイトマップHOME
Copyright (C) 2008 The Wakayama Chamber of Commerce and Industry.