1. ホーム
  2. トピックス
  3. 年頭所感「魅力あふれる地域づくり」をめざして
年頭所感「魅力あふれる地域づくり」をめざして

年 頭 所 感

「魅力あふれる地域づくり」をめざして

                                               和歌山商工会議所

会頭 片山 博臣

 

 新年 明けましておめでとうございます。

   皆様におかれましては、健やかに新年を迎えられたこととお慶び申し上げます。

  さて、わが国経済は、人口減少・高齢化といった構造的課題に加え、海外経済の不確実性や、金融資本市場の変動の影響等に懸念が残るものの、景気は、雇用や所得環境の改善が続いており、各種指標も緩やかな回復基調を示しております。

   一方、地域経済においては、仕入価格の上昇や需要の停滞、人材確保難などにより、景気回復を実感できない中小・小規模企業も多く存在し、マインドには依然として鈍さが見られる状況にあります。

   さらに昨年は、台風の連続発生により市内においても甚大な被害がもたらされました。改めて、被災された地域・方々に対しまして、心よりお見舞い申し上げますとともに、当所といたしましても、活用いただける支援策の発信等、引き続き被害に遭われた事業所を支援して参りたいと考えております。

  こうした状況の中、確かな景気回復や不透明感払拭のためには、地域経済の担い手である中小・小規模企業の活力と成長につながるよう事業所に寄り添った取り組みを行うことが求められております。

   和歌山商工会議所では、地域中小企業の飛躍に繋がる販路開拓、情報化や新規創業、並びに円滑な事業承継促進など、企業に伴走した支援の強化・充実を図り、域内企業の経営を全力でサポートして参ります。

  中でも、当所が従来から実施している経営、金融、税務会計、労務支援などの業務に加え、国の認定を受けた「経営発達支援計画」に基づき、商談会・展示会への出展や魅力ある個店の創出事業を通して、新たな需要開拓に向けた成長支援とともに、地域経済の根幹を支える中小・小規模企業の強みを最大限に引き出し、新たな事業展開に繋げられるよう、より事業者に密着した伴走型支援を実施したいと考えております。

   また、本年10月の消費税率10%への引上げにつきましては、新たに導入される軽減税率に対する準備や、経済対策の目玉となるキャッシュレス決済時のポイント還元に対応する「キャッシュレス化」促進などの取り組みに加え、「時間外・休日労働の上限規制」など「働き方改革」への対応を支援して参ります。

   併せて、当所が和歌山市・和歌山大学に働きかけて、昨年誘致に成功した国内最高峰のロボット競技の全国大会「ロボカップジュニア・ジャパンオープン」を継続開催することにより「優秀なモノづくり人材」や「新たなモノづくり産業」の創出を促すとともに、地域活性化に繋げたいと考えております。

  さらに、統合型リゾート(IR)につきましては、施設の建設・保守事業や、施設内では膨大な食材や資材の消費が見込まれるなど、地域経済の活性化には、またとないチャンスであることを訴えて、和歌山市内への誘致に向け、和歌山県・市と連携しながら取り組んで参ります。

  本年も和歌山商工会議所は、地域の総合経済団体としての機能を最大限に発揮して、地域経済や社会の発展に寄与していくため、役職員一同、会員事業所の皆様方の役に立てるよう、全力で取り組んで参りますので、引き続きご理解、ご協力をお願い申し上げ、新年のご挨拶といたします。

 

平成31年1月1日

このページの先頭へ