事業主の退職金制度である小規模企業共済制度についての説明です。
 
中小企業
支援事業
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
小規模企業の個人事業主、または会社などの役員の方が廃業・退職した場合に支給されます。掛金は全額所得控除となり、掛金の範囲内で事業資金の貸付を受けることもできます。また、支払われる共済金も退職所得扱いになります。
※小規模企業:常時使用する従業員数が20人以下(商業・サービス業は5人以下)
 
毎月の掛金は1,000円〜70,000円(500円刻み)で、加入後増額できます。
 
戻 る